Azure上に仮想マシンを立てる

Azure

Azure IaaSの基本となる仮想マシンの作成方法を紹介します。

今回はAzure IaaS上にWindows Server 2016を作成します。

Azure Portalへサインイン

以下URLへアクセスします。

Microsoft Azure

Azureが利用できるアカウントでサインインします。

仮想マシンの作成

作成する仮想マシンの選択

Azure Portalが表示されたら仮想マシンを作成します。

メニュー左上の「リソースの作成」をクリックします。右ペインにAzure Marketplaceが表示されたら「Compute」をクリックし、「すべて表示」をクリックします。

Azure上に作成可能なリソースはすべてAzure Marketplaceから作成します。日々更新されているため、作成したいリソースをジャンルから辿るか、検索を利用するとスムーズに目当てのリソースを探せると思います。

今回はWindows Server 2016を作成するため、「Windows Server」をクリックし、「Windows Server 2016 Datacenter」をクリックします。

以下の画面になったら「作成」をクリックします。

パラメータ設定

次に仮想マシンのパラメータを決めていきます。1の基本設定の構成では以下のパラメータを入力します。

名前仮想マシンの名前を入力します。このパラメータがそのまま仮想マシンのホスト名となります。
VMディスク
の種類
SSDかHDDを選択できます。SSDの方がディスクスピードが早く、値段が高く設定されています。
ユーザ名/
パスワード
このパラメータがLocal Administratorのユーザ名/パスワードとなります。一般的なパスワードルールより厳しめ(12文字以上、複雑なパスワード要件)となっています。
サブスクリプション選択可能なサブスクリプションを選択します。
リソース
グループ
仮想マシンを作成すると様々なリソース(NICやディスクなど)が作成されます。それらをまとめて管理する入れ物となります。
場所Azureデータセンターは全世界にあります。どこの場所を利用するか選択します。リージョンによって価格が違ったり、取り扱えるサービスが違ったりもします。

すべて入力したらOKをクリックします。

仮想マシンのサイズを選択する画面に遷移します。どの程度のスペックの仮想マシンにしますか、という選択です。適切なサイズを選択し、「選択」をクリックします。

次にオプション機能の構成となります。それぞれの詳細は別記事で順次紹介したいと思います。

可用性ゾーン/
可用性セット
仮想マシンの可用性についての設定です。
Storageマネージドディスクを利用するかの選択です。マネージドディスクを利用しない場合、ストレージアカウントを利用することになります。
ネットワークVirtual Network、サブネット、パブリックIPアドレス、ネットワークセキュリティグループの設定をします。パブリック受信ポートには「RDP(3389)」を選択しないと、仮想マシン作成後に接続できないため、新規作成する場合は忘れずに選択してください。
拡張機能様々な拡張機能を追加可能です。
自動
シャットダウン
Azureは従量課金制なので、利用していない時間は仮想マシンを停止しておくと節約出来ます。〇時に自動シャットダウンする、といった設定が可能です。
監視ブート診断とゲストOSの診断があります。有効にするには診断ストレージアカウントが必要となります。
マネージド
サービスID
Azure Active Directoryへの登録が可能となります。
バックアップ仮想マシンのバックアップを構成できます。

すべて入力したら「OK」をクリックします。

最終確認画面で入力した内容を確認し、「作成」をクリックします。

仮想マシンの作成が完了する、通知に「展開が成功しました」と表示されます。

作成した仮想マシンへ接続

作成が完了した仮想マシンへ接続したいと思います。

ダッシュボードより作成した仮想マシンをクリックし、「接続」をクリックします。

「仮想マシンに接続」が表示されるので、「RDPファイルのダウンロード」をクリックします。

画像はChromeのものですが、接続用のRDPファイルのダウンロード画面となります。任意の名前を付けて「保存」をクリックします。

ダウンロードしたRDPファイルを実行します。警告がいくつか表示されますが、いずれも問題ないものなので「接続」をクリックします。

既定で接続元コンピュータのドメイン情報等を引き継いでしまうので、以下の手順でAzure仮想マシンに接続します。

  1. 「その他」をクリックする
  2. 「別のアカウントを使用する」をクリックする
  3. ユーザー名とパスワードを入力する ※先頭に「.\」などを付与してローカルであることを明示する必要があります。
  4. 「OK」をクリックする

以下の警告が表示されますが、問題ないので「はい」をクリックします。

作成した仮想マシンに接続されました。

同じ要領でその他のOSも作成可能です。

作成した仮想マシンをテンプレート化する方法は以下の記事を参照してください。

Azure仮想マシンのテンプレート化と展開方法(Windows)
Azure IaaSで仮想マシンを展開する際に便利なOSのマスターイメージア作成・テンプレート化の手順と、展開方法について説明します。

 

以上となります。

コメント